介護職員初任者研修の内容

近年、介護職員初任者研修について関心を持っている人が増加しています。この研修制度の内容としては、介護職員として勤務をするうえでの初歩的な知識や技術についてを一通り学ぶことができるため、就職にうまく生かすことができるといわれています。

 

介護職員初任者研修はかつてホームヘルパーという講座名が付けられていましたが、厚生労働省による改革の結果として2013年の4月以降、全国各地で新しいカリキュラムに従って研修が行われるようになりました。

 

介護職員初任者研修は職業安定所があっせんする職業訓練のひとつとしても注目が集まっており、福祉や介護について関心を持っている中高年者にとっては欠かすことができない研修制度として位置付けられています。介護職員初任者研修のカリキュラムには座学や演習などはもちろんのこと、老人ホームやデイサービス事業所などでの数日間の実習が用意されているために、現場に出る前に雰囲気を味わっておくためには最適です。

 

インターネット上の口コミサイトなどでは介護職員初任者研修に関する意見の交換が活発に行われており、将来的にはさらに様々な年代の人々が研修を受講することが期待されるようになっています。

 

介護職員初任者研修の試験について

介護職員初任者研修はかつてのヘルパー2級から3級相当と言われるもので、このヘルパー級という制度が複雑で分かりにくいなどの問題点から制度が改正され、現在の介護職員初任者研修、介護職員実務者研修などの呼び方に変わりました。

 

今、制度変更の中でこうした研修会に参加するために多くのヘルパーが殺到している現状がありますが、この研修を受けた後にはその研修内容を理解しているかどうかの試験が行われています。

 

この試験はかつてのヘルパーとして働いていてさらに研修をしっかりと聞いていれば十分合格できるとされており、それほど苦労することもなく合格できるとされていますので、問題にはならないと考えられます。

 

今後この資格を取得後には、さらに実務者研修を取得するためにさらに努力をすると言ったことが考えられます。この実務者研修を取得していれば訪問介護事業所に配置が必要なサービス提供責任者になることができるため、給料面でも優遇してくれる事業所が多くあります。

 

また転職などの面でも優位に見てくれることも多くなります。無論、サービス提供責任者ともなればケアカンファレンスなどへの参加が必要になるなどの専門的な知識が求められますのでその点には留意しておく必要があります。

 

介護職員初任者研修のカリキュラムについて

介護職員基礎研修とホームヘルパー2級の資格は、2012年度末で廃止となり、2013年度から介護の基礎的な資格制度が新しくなりました。介護職員基礎研修は、介護福祉士養成のための実務者研修(介護福祉士実務者研修)へと、ホームヘルパー2級(訪問介護員養成研修課程)は「介護職員初任者研修」へと改編されています。

 

今までにホームヘルパー2級を修了された方は、介護職員初任者研修と同等の資格を有していると認められています。

 

ホームヘルパー2級の研修から介護職員初任者研修への改編で変更された箇所があります。まず特徴的なのは、「こころとからだのしくみと生活支援技術」に75時間と大幅な時間が割り当てられていることと、演習による介護技術を習得する時間を大幅に確保している点です。これはより専門的にかつ実践的なヘルパーの要請を現場から求められている証左と言えます。そのため座学ではなく実習による経験に重きが置かれています。

 

また、現在国を挙げて推進している地域包括ケアシステムにおける医療との連携やチームケアの提供をより効率的かつ効果的に推進するため、「医療との連携」に関わるカリキュラムに時間を確保しています。加えて、オレンジプラン(認知症施策推進5か年計画)など認知症に関わる施策が実施されている背景もあり、「認知症の理解(6時間)」に関する科目が追加されています。